海外

クレジットカードは一枚でいい?

クレジットカードとは、一定の支払い能力を有する利用者が、金融機関からの信用に基づいて支払いを行うためのカードです。
クレジットカード会社は利用者の申し込みに応じて審査を行い、カードを発行します。
たとえ手元に現金がなくても、クレジットカードが一枚あれば商品やサービスを手軽に購入することができます。
またカード各社がそれぞれ定めるポイントを貯めたり、カード会社それぞれの内容に応じたサービスを受けることもできるため、最低でも一枚は自分のライフスタイルに合ったカードを手に入れておきたいところです。

クレジットカードは一枚もしくは二枚持つのが良いとされていますが、一体何枚持つのが適切なのでしょうか?
金銭的に余裕のある方で、クレジットカードを複数枚所持している方は少なくありません。
なかには5枚、6枚とカードを持っていて、すべてがゴールドカードという方もいらっしゃいます。
しかしクレジットカードはたくさん持っていれば良いというわけではなく、ポイントをどれほど効率的に貯められるか、またはどんなサービスが受けられるかにポイントを絞って選ぶのが正解です。

複数枚のカードをそれぞれ支払いに使用すると、それぞれのカードにポイントが分散して還元されてしまいます。
それなら逆に1枚に集約してしまえばすっきりするのですが、クレジットカードを1枚しか持っていない場合、海外旅行へ行ったときに現地でカードの取り扱いがされていないというトラブルに遭いやすく、現金で支払うしか方法がなくなってしまいます。
現金を持ち歩いていない場合は商品やサービスを購入することができなくなるため、万が一の事態に対処するためにもクレジットカードは1枚以上の所持をおすすめします。

国内のみで、使用するシチュエーションが限られている場合は1枚だけでも良いでしょう。
その場合は利用目的に応じて適切にポイントを還元して貰えるカードを選ぶことをおすすめします。

Copyright(C) 2013 買い物に便利なサポート役 All Rights Reserved.