海外

クレジットカードを持てない人って?

クレジットカードは信用が第一のサービスです。
カードによっては審査に通りやすいかどうかの違いがありますが、いずれにしても信用があるかどうかがポイントです。
そこで今回は、審査に通りにくい場合について考えてみたいと思います。

・遅延を起こしたことがある
以前クレジットカードを使い、遅延などを起こしている方の場合は、クレジットカードの発行が難しい場合があります。
遅延というのはカード会社やすべての金融機関にとって重要な項目で、お金を貸しても返ってこない可能性があることを意味します。
すべてのカード会社は、遅延に関する情報を保有、共有していますので、遅延を起こしてしまうとそれだけでカード作成に影響を与えることがあります。

・消費者金融の利用
また、消費者金融の利用についてもカード作成時の考慮に加えられる場合があります。
消費者金融はお金が必要な方が金銭を借り受ける場所であるため、お金に困る場合が考えられる、つまりクレジットカードを作ってもお金が返せない可能性があると判断され、審査が通らない可能性があります。
過去に滞納歴がある方はもちろん、複数の消費者金融を利用している場合はさらに審査に通らない可能性もあります。
もしもカード発行時に消費者金融を利用していて、これからクレジットカードを申し込む場合は、まずは消費者金融の利用を解約したり、借金がある場合はきちんと返済するところから始めましょう。

・複数のカードに申し込む
カード作成にあたって陥りやすいパターンとして、審査に通らないことを見込んで複数のカード会社に同時に申し込んでしまうケースがあります。
これは多重申し込みと呼ばれ、カードの審査に不利になる可能性があります。

・複数枚のカードを保有している
多くのクレジットカードを持っている方の場合、新規カードの発行が難しい場合があります。
ただし必ず落とされるというわけではなく、すべてのカードの利用額の合計などで判断される場合もありますし、カード会社によって審査基準はまちまちです。

Copyright(C) 2013 買い物に便利なサポート役 All Rights Reserved.