海外

クレジットカードに年齢制限はある?

クレジットカードの作成や保有に年齢制限があるのか、という問題について、日本国内では原則的に高校生以上(※18歳以上)もしくは成年者のみの使用と定められており、すべての金融機関に共通事項として認識されています。
法律で定められているわけではありませんが、事実として学生専用のクレジットカードは存在していません。
つまり、19歳であっても成年に達していない時点で未成年である事に変わりはなく、19歳でクレジットカードを作成する場合は親権者の同意が必要になります。
大学生ならこれを作成することができますが、高校生であるうちは難しいということです。

また、成年であってもその作成や利用が制限される場合があります。
過去にクレジットカードの長い滞納歴がある方、職に就いていない方、主婦や自営業の方などは、クレジットカードの審査が一般の勤労者に比べて厳しく見られているといわれています。
カード会社はその人の返済能力をまず確認するため、買い物をした後できちんと代金を支払えるかどうかがもっとも重要です。
したがって、滞納歴がある方はまた滞納をするのではないかと見なされてしまい、審査に通らない可能性が考えられるのです。

カードによっては、アルバイトの方や現在フリーターの方でも審査を通してくれる場合があります。
もっとも厳しいと言われている銀行系以外の消費者金融や流通系のクレジットカードは、アルバイトや派遣社員、契約社員でも成年に達していれば問題ないとしているところもあります。
高校生以下の方がどうしてもクレジットカードを持ちたいという場合は、両親や親族名義のクレジットカードを借り受けるしか方法はありません。
しかし基本的にクレジットカードは社会的責任を果たせる方が所持を許されているもので、使った分はきちんと働いて返すことが原則です。
早いうちからクレジットカードに触れる場合、そうしたポイントをよく心得ておきたいところです。
クレジットカード利用時のサインについての記事も参考にご覧ください。


Copyright(C) 2013 買い物に便利なサポート役 All Rights Reserved.