海外

クレジットカードの歴史

私達が普段利用しているクレジットカードは、今から60年前の1950年にアメリカでクレジットカード会社「ダイナースクラブ」が誕生したことがきっかけとなり、世界中にカード文化が広まりました。
クレジットカードという名称自体は1800年代に登場しており、元は小説の中に登場した単語でした。
当時のアメリカでは高額紙幣の信用度が低く、それに代わって信用情報を構築する手段としてクレジットカードが使われるようになりました。
初めは紙製でしたが、1960年に日本ダイナースクラブがプラスチックカードの使用を提案し、現在に至っています。

日本では1960年に富士銀行(現在のみずほコーポレート銀行)と日本交通公社(現在のJTB)が共同で「日本ダイナースクラブ」を設立しました。
当時のクレジットカードは割賦販売用のツールであり、現在のクレジットカードとは異なるものとして用いられていました。
また銀行系のブランドの先駆けとしては1958年にバンク・オブ・アメリカがアメリカ・カリフォルニアでバンカメリカードの発行を開始しました。
その後大手銀行を中心としてインターバンク・カード協会(ICA)が設立され、現在のVISAとMasterCardの前身が登場しました。
こうして銀行系のカードも独自の発展を遂げていきました。

ダイナース、アメリカン・エキスプレス、VISA、MasterCardと現在広く使用されているカードが次々と登場し、国際化される中、1961年に三 和銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)と日本信販(現在の三菱UFJニコス)が「株式会社日本クレジットビューロー(JCB)」を設立し、自社ブランドの国 際化を推進しました。
これによってJCBも国際的知名度を獲得し、現行の国際ブランドと言われるカードが出そろいました。
クレジットカードは日本国内だけで3億枚以上発行されており、さまざまなサービスや店舗と提携することでさらに広がりをみせています。

Copyright(C) 2013 買い物に便利なサポート役 All Rights Reserved.